エクセルで作る飲食店メニュー 2009年06月

スポンサーリンク

背景画像を設定する

今回は背景画像を設定します。
紙の白さを活かした無地のメニューも清潔感があり、よいものですが、やはり食の楽しさを表現したり、店舗の雰囲気にマッチしたメニュー作りに、適切な背景の設定は欠かせません。
エクセルにはシートの背景を設定する機能がありますが、これで設定した背景は印刷出来ません。そこで、図形描画で四角形を描き、塗りつぶし機能と透明度を設定し背景画像とします。
先ず図形描画のツールバーを表示します。[表示]→[ツールバー]→[図形描画]とクリック。
画面の下部に図形描画]のツールバーが表示されるので、四角形をクリックします。
セル[A1]をクリックし、そのまま印刷範囲の右下端までドラッグして四角形を描画します。
描画した四角形を右クリックして上のメニューを表示し、オートシェイプの書式設定をクリック。
オートシェイプの書式設定が表示されたら、色と線タブの色のコンボボックスをクリックし、表示されたドロップダウンリストの中の塗りつぶし効果をクリック。
表示された画面上のタブからテクスチャをクリック、画面が切り替わったら、好きな素材(テクスチャ)を選択し、[OK]ボタンをクリック
[OK]ボタンをクリックすると、オートシェイプの書式設定の画面に戻るので、今度は[透明]のスライダーバーをマウスで動かし、透明度を決めます。
ちなみに四角形の枠線の色や線種、太さも、この画面で変更できます。
ここまでマスターすれば、メニュー表の原形が出来上がりますね。