エクセルで作る飲食店メニュー 照明器具を使った撮影

スポンサーリンク

照明器具を使った撮影

 料理撮影の基本では、自然光(太陽光)を利用した撮影法を説明しましたが、 店舗が地下にあり外光が入らない場合や、夜間しか撮影する時間が取れない方は以下の セッティングがおすすめです。上はそのセッティングで写した例です。
 このセッティングは照明に人工の光を使うわけですが、照明の種類は特に問いません。ある程度の明るさを確保できる ものなら、蛍光灯でも白熱灯でもホワイトバランスの設定を正しく行えば大丈夫です。
 自然光を利用した撮影で直射日光は避けるべきと書きましたが、照明器具でライティングする場合も、光を直接、被写体に当てると強い影が出ます。これをやわらげる為に料理と照明器具の間にトレーシングペーパーをかざします。
 トレーシングペーパーとは光をよく通す、半透明の紙で、文具店やカメラ用品を扱っているお店で売っています。これを照明器具の前に置くわけですが、照明器具の発光部からは離さなければなりません。離さなければ、効果がないばかりでなく、トレーシングペーパーが燃え、火災になる恐れがあります。また撮影を中断してその場を離れる場合も照明を消し、セットしたトレーシングペーパーもはずし等、事故の予防に留意してください。
 次にトレーシングペーパーのかざしかたですが、手っ取り早いのは、大き目のダンボールや発砲スチロール、スレート板を四角く、くり抜き、そこにトレーシングペーパーを貼り付けて、紐で吊るすというやりかたです。
 上はそのセット例です。この写真で前のレフ板は邪魔になるので外していますが、横にもレフ板が置かれていますね、レフ板は横に置いても効果があります。問題はいかに料理全体に光を当てるかということです。これをプロは「光をまわす」などと表現します。
 撮影風景はこんな感じで、かなりごちゃごちゃしていますが、撮影の裏側なんていうのは、こんなものです。
 上の写真はデジカメのホワイトバランスを太陽光に設定し、ハロゲンライト下で写した、真っ白なボードです。とても白には見えませんが、肉眼では白く見えています。
 照明器具を使った撮影で一番留意しなければいけないのは、ホワイトバランスの設定です。 基本編で書きましたが、光源にはそれぞれ色温度というものがあります。物が見える、写るということは被写体に光源からの光が当たり、その表面で反射した光が網膜あるいはCCDやCMOSといった撮像素子に感知されるということですので、本来は光源が変われば同じものを見ても違った色に見えるはずです。しかし人間は色温度が変わっても、太陽光の下で記憶した色に置き換えて認識してしまいます。カメラは機械ですので、そんな器用なことはできません。このずれを補うための機能がデジカメのホワイトバランス機能です。
 最近のデジカメのオートホワイトバランス機能は優秀ですが、万能ではありません。メーカーや機種により補正の仕方にも違いがあります。また被写体や背景が変わればホワイトバランスの補正量自体も変化します。そこで活用したいのがマニュアルホワイトバランスです。
 マニュアルホワイトバランスの設定は、真っ白いものを画面一杯に写しこみ、デジカメにこれが、現在の光源下での白色であると認識させる作業です。設定法はお持ちのデジカメのマニュアルを参照してください。
 他に気をつける点として、撮影時は撮影用の照明以外は消したほうがよいということです。光源が混ざるとホワイトバランスがずれるということもありますが、小物として置いたスプーンなどに、くっきりと天井の蛍光灯が写り込むことがあります。
 その他、自然光の際に書いたように、三脚を利用してブレを防ぎ、しっかりした構図を決めるという点は変わりません。