エクセルで作る飲食店メニュー テンプレートの使い方

スポンサーリンク

テンプレートの使い方

はじめに

 ここで公開しているメニュー表のテンプレートはエクセル2002及び2003用のテンプレートです。エクセル2000はシート上のオブジェの透明度の設定が出来ないため、透明度を設定したオブジェの下のセルの塗りつぶし効果は得られません。またエクセル2007(VISTA)に関しては、図のリンク貼り付けにおいて、貼り付けた図形の大きさや、レイアウトが崩れる等の不具合を確認しています。
 エクセルはDTPソフトではないため、作者の作成環境とお使いの環境の違いにより、印刷領域がずれたり、レイアウトが崩れる可能性があります。この問題に関しては各自、環境にあわせて修正してもらうより仕方がないのですが、実際問題として、商品のカテゴリー数、メニュー数、店舗の雰囲気等は飲食店によりさまざまですので、ここに掲載したテンプレートは、あくまでもメニューデザインのアイディア集として活用していただければ幸いです。

テンプレートの構成

 これはメニュー表テンプレートのひとつですが、このテンプレートには用紙・印刷範囲の設定で 作ったエクセル方眼紙の上に八つのオブジェが配置されています。このサイトで紹介しているメニュー表の作り方の基本は、 このように、土台となるシートの上にワードアートやオートシェイプや写真、それと別シートで作成した図や表を 図のリンク貼り付けで配置しながら作るというものです。配置したオブジェはドラッグで自由に移動できるので、下の程度の デザイン変更なら、エクセルの操作に慣れている方なら5分程度の作業です。
 さらに、土台となるシートのセルの塗りつぶしの配色や、使用するフォントを変更し、写真を差し替えてやれば、まったく違った イメージのメニューとなります。掲載する料理のアイテム数の変更も、もちろん問題なくできます。
 このように、このテンプレートの利用法はアイディア次第です。是非、お店のイメージに合った売れるメニュー表やお品書きを作ってください。

メニューシート

 このテンプレートは通常3枚のワークシートから出来ています。
「メニュー」シートは、いわば土台になるシートで、他の二つのシートに入力したメニュー名や単価、画像を「図のリンク貼り付」として 貼り付けたり、方眼の升目を利用してセルに色をつけたりして、基本的なデザインを構築します。もちろん印刷するのもこのシートです
 尚、環境により印刷範囲が変わりますので、印刷プレビューで一枚の用紙に印刷される範囲を確認し、ずれが生じている場合は、 用紙・印刷範囲の設定をご覧になり印刷範囲を 再設定してください。

品目名シート

 「品目名」シートは商品名を記入するシートです。ここに料理名や飲料名を記入してください。  お店で提供するアイテム数によって、行を削除したり、行の高さを調整します。
 また商品のグループ(カテゴリー)の追加・削除も、このシートで行ってください。

写真シート

 
   「写真」シートはメニュー表に載せる、料理写真を挿入するためのシートです。このシートの写真はオートシェイプの [塗りつぶし]効果を利用していますので、[塗りつぶし効果]→[図]→[図の選択]から、用意した写真を挿入します。
 詳しい説明は「エクセルで作る飲食店メニュー」の各項目を参照してください。なお、この項目は未だ未完成ですので、 不明な点があればメールにてお問い合わせください。

メニュー表やお品書きに使う写真をグレードアップしませんか
難しい画像の知識や高額なソフトを使うことなく、プロ並みにレイアウトされたメニューが作れます

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://officeut.blog72.fc2.com/tb.php/14-c7f95d8a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop