エクセルで作る飲食店メニュー 図のリンク貼り付け

スポンサーリンク

図のリンク貼り付け

 通常エクセルはセルの中にデータや文字を入力し表を作っていくわけですが、この方法では 隣接するセルと異なった行数や列幅の表を表示するのは難しいものです。強引にセルの結合で作ることも ある程度可能ですが、やはり限界があります。特にデザイン性も求められるメニュー表やメニューブックの 作成には厳しいものがあります。
 上は別のシート上で作った表を[図のリンク貼り付け]でシートに貼り付けたもので、これを行えば 列幅や行数などの拘束を受けることなく自由なレイアウトが可能になります。
 これは品名と価格を記入したシート。[図のリンク貼り付け]を行うには、先ず元となる、このシートの[B2]から[D7]を選択して、コピーします。
 リンク貼り付けを行うシートを開き、Shiftキーを押しながら、[編集]をクリックすると、通常のクリックとは違う ドロップダウンがメニューが表示されるので、[図のリンク貼り付け]をクリック。これで[図のリンク貼り付け]は完了です。 この操作は商品名・価格を入力するでより 詳しく解説していますので参照してください。
 図のリンク貼り付けでは文字だけではなく、写真やオートシェイプ、枠線といった要素も貼り付けることができます。 これは貼り付け元となったシートです。ここでは[B1]から[B4]をコピーしています。
 リンク貼り付けを行うと、貼り付け元の枠線もコピーされます。これは印刷されませんが、気になるので、リンク元のシートの [ツール]→[オプション]で表示される[表示]タブの中の[枠線]のチェックを外します。
 貼り付けられた図をクリックすると、その参照元が数式バーに表示されます。この数式バーはSheet2の[B2]から[D7]とリンクしている ことを表しています。この数式バーをSheet2!$B$2:$D$8と変更すると、[B2]から[D8]がリンクされSheet2の[B8]から[D8]に入力した 内容が表示されるようになります。公開しているメニュー表のテンプレートで商品の追加や削除を行う場合はこれで行ってください。
 貼り付けた図はシート上のどこにでも移動することができます。貼り付けた図をクリックして、マウスポインタが十字矢印の形に なったら、ドラッグして移動してください。
 四隅と中央上下の白い丸をドラッグすると貼り付けた図の拡大・縮小も可能です。しかしフォントや写真のプロポーションが 変わってしまうため微調整にとどめておいたほうがよいと思います。 特に写真の拡大は注意が必要で、画質が大幅に劣化する場合があります。また回転も画面では問題がなくても、印刷時に 不具合がでる可能性があります。


Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://officeut.blog72.fc2.com/tb.php/19-c4af2c31

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop