フラッシュ(ストロボ)を使った撮影

 上の写真はカメラの内蔵フラッシュを焚いて撮影した豚丼というか他人丼です。どうみても 美味しそうには見えませんね。基本的に料理の撮影にカメラの内蔵フラッシュは使いません、というか使えません。 正面からの強い光というのは人間にとって、とても不自然な光線状態だからです。
 これもフラッシュを使って撮影したものですが、これは外付けのフラッシュをカメラから離して撮影しています。 あきらかに写り具合が違っていると思います。
 上の図が、そのセッティング例ですが、フラッシュはケーブルで本体から離し(実際の撮影では、フラッシュはワイヤレス)やはり光は後方斜め上から当たるようにしています。 さらにフラッシュを直接当てるのではなく、レフ板に一度光を当て、その反射光が料理を照らすようにしています。このように一度 光をレフ板等に反射させる方法をバウンスといいます。外付けのフラッシュは発光面の角度を変えられるものがあり、 発光面を上に向け、天井に反射させて撮影する天井バウンスという方法もあります。これは撮影範囲が広い場合に 有効なテクニックですが、使用するフラッシュにある程度の光量が必要なこと、天井が白くない場合には不自然な色になるなどの 問題が発生する場合もあります。
 いずれにしてもフラッシュを使って料理を美味しそうに写すには、それなりのセッティングが必要です。
 これはフラッシュを2台使用して撮影したもの(多灯撮影)ですが、フラッシュ1台より光が回っているのが分かると思います。 複数のフラッシュを使ったライティングを行えば、かなり凝った撮影も可能です。しかし場合によっては1灯のほうが美味しそうに 見えることもありますよ。



小さな飲食店の経営を応援するサイトです。宜しくお願いします。

コンテンツ

Ads by Google