スポンサーリンク

フォントについて

 フォントとは本来、同一サイズ・同一デザインの文字のワンセットのことですが、最近は書体という 意味で使われることが多いようです。以下のフォント見本をみても、さまざまな形のフォントがあり、 それぞれ独特の雰囲気をもっています。
 メニューやお品書き、POPを作成する場合には、やはり店舗のイメージにあったフォントを使用しなければいけません。 特にタイトル文字やカテゴリー名に使うフォントの選択は大事です。とはいえ、あまりにも個性的で可読性の悪いフォントは避けるべきです。 特に料理の説明や、品目数の多いメニューは出来るだけ癖のないフォントを選びましょう。それと一つのメニューに数多くのフォントを 使うと雑然としたイメージとなり、いかにも素人っぽいメニューになるので気をつけましょう。

フォントの変更法

 エクセルでフォントの変更は[ホーム]リボン内のフォント部分で行います。サイズはその横のボックスの数値で変更し、その横の Bは太文字、Iは斜体、Uは文字を下線付きにする場合に、文字列を選択してからクリックします。

等幅フォントとプロポーショナルフォント

 フォントには等幅フォントとプロポーショナルフォントというのがあり、フォント名のMSとかHGの後にPとあるのがプロポーショナルフォントで これは文字により、文字の幅が違うフォントのことです。等幅フォントはその名のとおり、文字幅は同じものですが、これでアルファベットを書くと妙な感じになることがあります(文字サンプルを見てください)

フォントの問題

 ところでフォントの種類は何百もあり、パソコンによってインストールされているフォントの種類はさまざまです。実はこれが 他のパソコンとデータをやりとりする場合に問題となります。このサイトで公開しているテンプレートも、お使いの環境に当方が使用したフォントがない場合は 別のフォントが置き換えられたり、文字が表示されない可能性があります。




カテゴリ