エクセルで作る飲食店メニュー 写真の切り抜き加工

スポンサーリンク

写真の切り抜き加工

 エクセルでは特に画像ソフトを使わなくても写真の角を丸くしたり、円形やハート型に切り抜いたりすることができます。これはオートシェイプの塗りつぶしに写真を選択することで実現できます。

 先ずオートシェイプを描画します。これはどんな形でも構いません。ワードアートでも同じことができます。オートシェイプの描画は画面下の図形描画のツールバーのオートシェイプをクリック。このツールバーが表示されていない場合は、メニューバーの[表示]→[ツールバー]→[図形描画]とクリックして表示させてください。ここではとりあえず楕円を選びます。

 マウスポインタが+形になるので、ドラッグして楕円を描画します。描き終わったら楕円を右クリック。表示されるメニューのオートシェイプの書式設定をクリックします。

 表示された画面で[塗りつぶし][色]横の下矢印をクリック。さらに塗りつぶし効果をクリックします。

 塗りつぶし効果の画面の[図]のタブをクリックしてタブを切り替えます。


 塗りつぶしに使う図を選択する画面になるので、今回は下の画像をダウンロード(写真を右クリックして[名前をつけて保存]で任意の場所に保存)して使ってみてください。

 
 図を選択し、OKボタンをクリックすると、上記の画面に戻るので、ここで線なしを選択します。切り抜いた画像に縁取りをつけたい場合はここで線の色・太さ・種類を選択します。

 切り抜いた写真の下のセルを塗りつぶし、ワードアートを添えてみましたがどうでしょう。
このように丸い皿ならオートシェイプの塗りつぶし効果だけで、きれいに切り抜き加工が出来てしまいます。しかしこの切り抜き加工にはじつは下準備が必要です。

 上が切り抜きに使用した写真の元画像ですが、この写真をそのまま塗りつぶしに使うと下のようになってしまいます。

 きれいに切り抜くためにはまず写真の不要な部分をトリミングしなければなりません。トリミングはフォトエディターでも出来ますしJTrimといったフリーソフトでも大丈夫です。

 今回はフォトエディターで説明します。まずフォトエディターで元画像を開き、トリミングをクリックします。

 つぎにマウスでドラッグしてトリミング範囲を選択しますが、トリミングは皿の上下左右にぴったりあわせるようにします。これがずれているときれいに切り抜くことができません。また広角で近距離から撮影した皿は歪んで写っていますから、このようなときは少し内側をトリミングするとよいでしょう。

 トリミング範囲が決まったらツールバーの[イメージ]→[トリミング]とクリック。

 表示された画面の[OKボタン]をクリックすれば、トリミングは完了です。トリミングした画像は別名で保存してください。
 尚、写真を加工する場合は、オリジナルは加工しないようにします。加工前にオリジナルのコピーをとり、加工はコピーに対してするようにしましょう。