エクセルで作る飲食店メニュー メニューの印刷

スポンサーリンク

メニューの印刷

用紙選び

 メニューを印刷する場合、気をつけなければならないのが用紙の選択です。通常のインクジェットプリンタで印刷に使用する用紙には普通紙・コート紙・写真用紙の3種類がありますが、メニューの印刷に普通紙は避けてください。特に写真やイラストを使用したメニューはせっかくの原稿を台無しにしてしまいます。
 普通紙はいわゆるコピー用紙で染料系のインクではインクが滲み、鮮明な印刷結果は得られません。ときどき写真入りメニューを普通紙で印刷しているものを見かけますが、写真の発色が悪く、とても食欲をそそるようなものにはなりません。
 コート紙はその名の通り、印刷面にインクの滲みを抑える薬品をコートした紙で、キヤノンでは高品位専用紙、エプソンではスーパーファイン用紙などといわれています。発売している会社も数が多く、その呼称、厚みやグレードも多岐にわたっています。
 メニューの印刷にはこのコート紙がむいています。価格は普通紙よりは高いのですが、自作するメニューが百部を超えるなどということはそうないと思いますので数百円のコスト増は目をつぶってください。
 両面コート紙はその名のとおり両面ともコーティングされているため問題はありませんが、通常のコート紙には裏表があり、これを間違えると最適な印刷結果が得られないので注意してください(比べてより白い面が印刷面です)
 紙の厚さにも注意が必要で、あまりに薄いものは印刷が裏に抜けてしまいます。特に両面印刷する場合は厚手のものを選んでください。
 最後に写真用紙ですが、これは表面に光沢があり(つや消し・マット調というのもありますが)写真の印刷に適した用紙で、厚みもかなりあります。
 印刷結果はこれが一番きれいですが、表面の光沢が文字の可読性を下げる場合があること、価格が高いという難点があります。

プリンタの設定

 きれいな印刷結果を得るためには印刷用紙を変えるだけでなく、プリンタの設定を変更する必要があります。
 
 
 プリンタの設定を変更するには、[ファイル]→[印刷]とクリック

 
 印刷を設定する画面が表示されたら[プロパティ]をクリック


 この画面は、お使いのプリンタのメーカーや機種により異なりますが、用紙の種類をキヤノンなら高品位専用紙、エプソンならスーパーファイン用紙を選択し、[OK]ボタンをクリックし、印刷画面に戻り、[印刷プレビュー]で印刷内容を確認後、印刷部数を指定し[OK]ボタンをクリックします。
 尚、エクセルは印刷プレビューと実際の印刷結果が違うことが往々にあります。最初の印刷は1部とし、出力結果を確認後、必要枚数を印刷することをおすすめします。