エクセルで作る飲食店メニュー 高度な写真の切り抜き

スポンサーリンク

高度な写真の切り抜き

 写真の切り抜き加工ではオートシェイプを利用した切り抜き法を紹介しましたが、これでは不定形なものは切り抜くことができません。今回は上のように不定形なものの切り抜き法を解説します。やや操作の難易度は高めですが覚える価値はありますので頑張ってください。

 まず写真の切り抜き加工で紹介したように、上下左右をぴったりあわせた写真を下絵として挿入します。挿入した写真は作業しやすいように画面いっぱいに拡大します。大きさを保ったまま拡大するにはShiftキーを押しながらドラッグします。


 不定形なものを切り抜きには、自分で切り抜く形を作る必要があります。図のツールバーから[オートシェイプ]→[線]→[曲線]とクリックします。


 マウスポインタが+形になるので、切り抜く図形の曲線や直線が大きく曲がっている場所と、上下左右が接している場所をクリックしていきます。この際クリックする場所は少なめに、形にはあまりこだわる必要はありません。


 図形を一周して始点に戻り、始点をクリックすると自動的に図形が閉じられます。


 閉じられた図形を右クリックすると上図のメニューが出ますので[頂点の編集]をクリック。


 図形の輪郭線上に黒い四角い点が現れますので、これを右クリックします。[頂点を基準にする]をクリックすると、その頂点から2本の線がでます。これが線分で、図形の形はこの頂点と線分をドラッグしながら整えていきます。線分の移動は先端の白い四角をドラッグします。
 とりあえずすべての頂点を[頂点を基準にする]に変更してください。


 上記の要領で頂点と線分をドラッグしておおまかな形を整えます。頂点を追加するには輪郭線を右クリックして[頂点の追加]をクリックします。



 ある程度形が整ったら、さらに調整するため、下絵が見えるように図形の塗りつぶしを透明にします。透明にするには図形を右クリックし[オートシェイプの書式設定]をクリック。


 表示されたメニューから[色と線]タブの[塗りつぶし][透明][塗りつぶしなし]を選択。


 図形が輪郭だけになるので、さらに正確に形を整えます。塗りつぶしなしにした図形は輪郭線をクリックしなければ選択できなくなりますので注意してください。
 なお上下左右が下絵の端の接している頂点を動かすと全体がずれてしまいます。また頂点を移動したら新しい頂点が勝手に出来ていたりと、なかなか思うようにいかないかもしれませんがそこは専用ソフトではないと割り切るしかありません。これはイラストレーターでいうクリッピングマスクの作成そのものなのですが、表計算ソフトのエクセルがここまでできるということは逆にすごいことだと思います。


 図形の形が完成したら、下絵の写真を削除します。削除は下絵をクリックしてDeleteキーを押すか、下絵を右クリックして[切り取り]をクリックします。


 輪郭だけになった図形を下絵で塗りつぶせば切り抜き作業は完了です。輪郭線を右クリックし、[色と線]タブの[塗りつぶし][色][塗りつぶ効果][図形]と選択。


 下絵に使った写真を選択し、[線]を[線なし]にすれば出来上がりです。


  写真を切り抜くには他に、ペイントなどで不要部分を切り抜き部分に含まれない単一色で塗り、写真をエクセルに挿入、図のツールバーから塗りつぶした色を[透明な色に設定]という方法もありますが作業としてはこちらのほうが大変で、出来上がりも切り抜いた周りがギザギザ(ジャギー)になりやすいのであまりおすすめしません。