エクセルで作る飲食店メニュー 写真を半透明にする

スポンサーリンク

写真を半透明にする

 メニューやお品書きのデザインで定番のように使われるのが、半透明にした写真の上に文字を重ねるテクニックです。背景となる写真を半透明にすることにより、文字の可読性を上げているわけですが、エクセル・ワードでも写真を半透明にすることができます。

 まず通常の写真の挿入を行います。使用する写真をメニューバーから[挿入]→[図]→[ファイルから]とクリックして、使用する写真を選択します。

 写真の挿入が完了しました。しかしこの方法では写真を半透明にすることはできません。
 次に 挿入した写真と同じ大きさの図形を描画します。図のツールバーから[オートシェイプ]→[基本図形]→[四角形]と選択してください。ここでは四角形を選択しましたが、好みで図形の形は変えてもかまいません。

 挿入した図形と先に挿入した写真の大きさを合わせます。これを行わないと図形の縦横比が崩れてしまいます。

 オートシェイプを右クリックして、オートシェイプの書式設定を表示させ、色と線から[色][塗りつぶし効果]とクリック。

 塗りつぶしに使う写真を選択します。

 写真の選択が終わったら、塗りつぶしの[透明]のスライダーバーをドラッグして透明度を設定してください。これは後からでも変更できます。

 最後の仕上げとして先に挿入した写真を削除します。削除は写真をクリックして、Deleteキーを押すか、右クリックして[切り取り]をクリックします。

 これで半透明の写真が挿入されました。あとは別シートに入力した文字や図形を[図のリンク貼り付け]でかぶせれば完成です。