エクセルで作る飲食店メニュー ワードアートの挿入

スポンサーリンク

ワードアートの挿入

ワードアートはさまざまな効果を加えた文字をワークシートに挿入する機能で、タイトル文字に多く使われます。
もちろんイラストレーターやフォトショップといったソフトと比較すると、出来る事に限りはありますが、工夫次第で充分使えるタイトル文字が作れます。
ワードアートの挿入は[表示]→[ツールバー]→[図形描画]で画面下に表示される図形描画のツールバーの中のワードアートのアイコンをクリック(他にも挿入する方法はありますが、図形描画のツールバーは常に表示させておくと便利です。
ワードアートギャラリーが表示されるので、イメージに近いものを選択して[OK]ボタンをクリックします。
ただここであまり複雑な効果が加わったものを選択すると、後に修正が面倒になるので、出来るだけシンプルなものを選ぶのがよいでしょう。はっきりいってギャラリーのワードアートはセンスが悪すぎるような気がします。
[OK]ボタンをクリックすると[ワードアートのテキスト編集]の画面になりますので、ここに「メニュー」とか「お品書き」とか表示したい文字を入力します。
この画面では文字のフォント・サイズ・太文字・斜体などの設定ができます。なお、サイズに関してはワードアートをドラッグして変更することも可能です。
それでは上の文字をワードアートで作ってみましょう。この例はワードアートの塗りつぶしに写真を使ったものです。先ず下の写真を右クリックして[名前をつけて保存]をクリックし、任意の場所に保存してください。
では上記の手順に従ってワードアートギャラリーを開き、左端上から2番目をクリックしてください。
フォントをBroadway(無ければ類似したもの)とし、太文字に変更し、テキストボックスのFOODと入力して[OK]ボタンをクリック
ワークシートにワードアートが挿入されるので、四隅の白丸をドラッグして任意の大きさに変更します。ちなみに Shiftキーを押しながらドラッグすると、縦横比が維持されたまま拡大縮小すことができます。
次にワードアートのツールバーの[ワードアートの書式設定]をクリック。ツーバーが表示されない場合は挿入したワードアートをクリック。それでも表示されない場合は、ワードアートを右クリックして、[ワードアートツールバーの表示]をクリックします。
色と線のタブを開き、塗りつぶしの色の横の下三角をクリックし、塗りつぶし効果をクリック。
塗りつぶし効果の画面が開くので、図の選択をクリック。
先ほど写真を保存したフォルダを開き、写真を選択し、[挿入]ボタンをクリック
あとは線の色を白に、太さを2ptに変更し、挿入されたワードアートの下のセルを緑色に塗りつぶせば完成です。