エクセルで作る飲食店メニュー 本日のお品書き

スポンサーリンク

本日のお品書き


 本日のお品書きは牛丼です。このようにどーんと料理のアップをのせて、その下に料理の全体が分かる 写真を掲載するというもの、メニューデザインの定番のひとつです。ポスターやPOPにも多用されるパターンです。
 お客様に「これを食べてみたい」思わせるには、このパターンが最強かもしれません。

 このパターンのデザインのキャッチコピーは、このように写真にかぶせるように載せられることが多いです。 問題は写真の上に文字を書くと、可読性が悪くなるということです。そこで文字の周りを別の色で縁取って可読性を確保するわけです。 これを袋文字といいます。

 エクセルで袋文字をつくるにはワードアートを使います。ワードアートは塗りと線種を指定できるのですが、 一番上は線の色を白、太さは6ptとしたもの。ワードアートの線は外側と内側の両方に広がるため、 単に線を太くしたワードアートは非常に読みづらいものになります。
 この問題を解決するには同じ大きさで、「線なし」と指定したワードアートを上にかぶせ、上下左右を ぴったり合わせます。ちょっと面倒くさいですが、出来上がりはかなり違ってきますよ。  ワードアートに関しては「ワードアートの挿入」のページを参考にしてください。
 尚、エクセル2007以降のワードアートはかなり扱いが変わっています。これに関しては後日、記事にします。

 本日のお品書きのダウンロードはこちらから v38.xls/480kb

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://officeut.blog72.fc2.com/tb.php/81-dff91c23

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop