エクセルで作る飲食店メニュー オートシェイプの挿入

スポンサーリンク

オートシェイプの挿入

オートシェイプはワークシートに図形を描画する機能です。図形は塗りや線の色を変えたり、変形したりすることが出来ます。これを活用するのはアイディア次第です。
ここでは「ごはんおかわり自由」というアイコンをオートシェイプで作ってみます。
オートシェイプの挿入は[表示]→[ツールバー]→[図形描画]で画面下に表示される図形描画のツールバーの中の[オートシェイプ]をクリック(他にも挿入する方法はありますが、図形描画のツールバーは常に表示させておくと便利です。
楕円をクリックした後、ワークシート上にマウスポインタを持っていくと、ポインタの形が十字形になっています。この状態でドラッグを行うと楕円形のオートシェイプが描画されます。
真円を書くにはShiftキーを押しながらドラッグします。
任意の大きさになるまでドラッグします、大きさは後で変更できるので、大きめに描画したほうが作業は楽です。
次に描画したオートシェイプを右クリックし、ポップアップメニューを表示させ、[オートシェイプの書式設定]をクリックします。
この画面でオートシェイプの塗りや線の太さ等を設定します。ここで塗りは白、線は太さ0.5ptの実線を指定します。
次に半円を描きますが、半円は基本図形に含まれていないので、[その他のオートシェイプ]をクリック。
画面右にクリップアートの挿入画面が現れるので、半円を選択してください(かなり下にあります)
描画された半円の形は、黄色い丸印をドラッグして形を整えます。
デフォルトでは影がつけられているので、上記の要領で影を消去します。
この半円の塗りは[オレンジ]、線の色は[線なし]と変更。先に書いた白い円の上にドラッグしたら、大きさを整えます。
同様にオレンジ色の四角いオートシェイプを書いたら、半円の下にドラッグ。
こうして描画し、重ねたオートシェイプの上にワードアートをさらに重ねると「ごはんおかわり自由」のアイコンは完成です。
なおワードアートはテキストボックス内の個別の文字の大きさは変更できないので「ごはん」と「おかわり自由」の二つのワードアートが必要です。上の例では「おかわり自由」に少し角度をつけてみました。
描画したオートシェイプの重なり順は変更することが出来ます。重ね順を変えたいオートシェイプを右クリックし、[順序]をクリック。
上は白い円を最前面に移動したものです。
オートシェイプはドラッグして移動しますが、複数のオートシェイプを正確に配置するには[図形の調整]→[配置/整列]を利用します。
まず配置したい図形をShiftキーを押しながら、すべてクリックし選択します。
複数の図形が選択されたら、[図形の調整]→[配置/整列]とクリックし、[左揃え][左右中央揃え][右揃え][上揃え][上下中央揃え][下揃え]のいずれかをクリックします。結果は実際に試してみてください。
さらに三つ以上の図形を選択した場合[左右に整列][上下に整列]というメニューが選択できます。これは図形の上下の配置を等間隔にするときに使います。
配置、整列が済んだ図形はグループ化しておくと便利です。グループ化したい図形をShiftキーを押しながら選択したあと、右クリックで[グループ化]→[グループ化]をクリック。
こうしてグループ化された図形は一つ図形として扱われ、拡大縮小・回転などの変更がグループ化した図形すべてに適用されます。グループ化の解除はグループ化した図形を右クリックし[グループ化]→[グループ解除]をクリックします。